ZANN CORPORATION.

中期経営戦略

2018年~2020年の中間経営戦略『挑戦と進化実現による社会貢献』

2018年から2年間にわたる新しい中期経営戦略 『グローバル化への挑戦と進化実現による社会貢献』がスタートしました。
「友愛精神と貢献による進化への挑戦」を目標に、最強のグローバル企業グループを目指し、全社及び全社員一丸となって取り組んでいきます。

経営環境

新興諸国の成長とニーズを取り込む、中長期経営 新興諸国は経済発展と成長を持続していますが、欧州財政問題の深刻化による新興諸国経済の成長率や国際商品市況の不安など、当社の業績悪化のリスクは重大だと認識しています。 このような状況下で、景気や商品市況動向に注意しながら、新興諸国の成長とニーズを取り込む中長期経営を行います。

定量計画

中長期に向けた事業収益基盤の強化 こうした環境下、当社の事業市況を踏まえ、2018年12月期は純利益3億円を見込みます。 過去の投資案件の着実な進捗により事業の足場を固める年と考えています。 2019年12月期は純利益10億円を目標として、過去の投資案件の収益実績に加え、主力事業の拡大と事業資産の収益性向上や収益力の上昇を図ります。 また3~5年後は総資産250億円、純利益20~30億円というイメージを描いており、事業収益基盤の一更なる強化を目指します。

今後の「開拓と進化創造」に向けて

当社は、「友愛精神」という理念に基づいて、日々進化を続けています。 グローバル化や環境が目まぐるしく変化する中、常に時代を見極めて、「開拓と進化創造」の精神を貫き、 「最強のグローバル企業グループ」を目指します。 そして、アジア経済の活性化とグローバル経済の発展に貢献できる未来企業を目指し、投資家の皆さまのご期待に応えたいと考えています。 最後に、今後とも皆様の変わらぬご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。




本ウェブサイト上にて開示されているデータや将来予測は、それぞれの発表日現在の判断や入手可能な情報に基くもので、 種々の要因により変化することがあり、これらの目標や予想の達成、及び将来の業績を保証するものではありません。 また、これらの情報が、今後予告なしに変更されることがあります。 従いまして、本情報および資料の利用は、他の方法により入手された情報とも照合確認し、 利用者の判断によって行なって下さいますようお願いいたします。 また、これらの情報は、日本国内外を問わず一切の投資勧誘またはそれに類する行為を目的として作成されたものではありません。 これらの情報は無償で提供されるものであり、内容には細心の注意を払っておりますが、情報の誤りやファイルの瑕疵、 その他本資料利用の結果生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いません。

↑ PAGE TOP